飾り線上

悲しそうに叫ぶ父さんと気の抜けたコーラ

飾り線下
手を出せば、完成させるまでに膨大な時間が必要なものが、身の回りに多く存在している。
パッと思いつくのが、外国語の習得だろう。
しかし、韓国語だけは例外で、日本の言葉と語順が同じ、SVOで、その上に日本語と同じ音が多いので、身に付きやすいらしい。
昔、韓国語を勉強していた友達は、今からのスタートでも確実に習得しやすいので飽きないよ、とのこと。
そうと聞いたら夢が膨らんだが、独特な韓国語の文字は記号にしか見れない。

月が見える水曜の明け方は窓から
昔は面倒だと思っていたけれど、スポーツくらい少しはやらなくてはとこのごろ思う。
仕事が変わってから、今日この頃、走ることがたいそう減り、体脂肪率がたいそう増した。
また、年もあるかもしれないけれど、横腹に脂肪がついていて、たいそうみっともない。
少しは、筋トレしないとまずい。
飾り線上

ぽかぽかした祝日の朝に椅子に座る

飾り線下
誕生日プレゼントに親友から貰った香水、強いフローラルの匂い。
ぴったりの瓶で、イメージして選んでくれた匂いで、小さいボトルでリボンの飾りがついていてお洒落だ。
匂いの雰囲気も入れ物もどのように言っても派手とは言い難い商品だ。
ショップにはたくさんの香水が並んでいたのだけど、目立たない場所に置いてあったもの。
サイズはとにかく小さい。
可愛くて気に入っている。
どこかへ行くときだけでなく、出張の時も手提げの中に、家で仕事をするときは机に必ず置いている。
そのことから、バッグは、同じ香り。
いつでも身に着けているため、そうじゃないときは「今日あの香りしないね」と言われる場合もたまに。
香水ショップにてたくさんの香りを試すことは好きだが、この匂いが今までで一番気に入ったものだ。

汗をたらして叫ぶ子供と霧
有名司会者がびっくりするほど突然引退するので、TVでうんざりするほど報道しているが、すごくすごいです。
次期代表がどなたになるかという話よりニュースでも順番が速かった。
どの政治家が日本の総理大臣になっても変化しないと思うのもとってもいるし、そんなことより大物司会者が芸能界を辞めてというほうが影響がでそうなんですかね。
飾り線上

熱中して大声を出す彼と暑い日差し

飾り線下
御盆が近くなって、とうろう流しなどの催しが近辺で行われている。
近くのイベント会場では、竹や木で工作されたとうろうが置かれていた。
近所の観光施設では、夜に電気の明かりはついてなくて、灯ろうの中の照明だけというのは、すごく素敵だった。
竹やペットボトルの中でキャンドルが光っていて、マイルドな灯りになっていた。
癒される光源が周辺の樹々を照射していてめちゃめちゃ美しかった。

陽の見えない金曜の昼に想い出に浸る
遠くの生まれた家に住んでいる母も孫の為として、非常に多くお手製のものを仕立てて届けてくれている。
アンパンマンがとっても好きだと話したら、言った布で、作成してくれたが、布の案外、すごく高額で驚倒していた。
縫物用の布は横、縦、キャラクターものだと上、下も方向が存在していて大変らしい。
それでも、たくさん、作成してくれて、送ってくれた。
孫はめちゃめちゃかわいいのだろう。
飾り線上

自信を持ってダンスする姉ちゃんと壊れた自動販売機

飾り線下
昔から、残業や家事に追われてしまい、ほとんどフリーの時間がない。
少しばかり時間が持てても、なぜか次やるべき仕事のスケジュールなど、何かの詳細が頭にある。
それでも、一日休みができると、かなりワクワクしてしまう。
よ〜し、この少しだけ休日をどうやって使おうかと。
結局いつも、あれも、これも、という願望のみが重なり、完全には上手くいかない。
特に私はマイペースなので、気付けば時は経過。
時は金なり、なんて本当によくいったものだと感じる。

ゆったりと跳ねる兄さんと冷たい肉まん
明日香は、高校を卒業してすぐ仲良しになった友達だ。
彼女の良い部分は、おおらかで細かい事は気にもしていないところ。
私の方から、今日から友達になろうと言ってきたようだが、覚えていないけれど、そんな気がする。
遊びに行くと、問題は単純化されるので、とっても心が軽くなる。
引き締まっていてスレンダーなのに深夜にハンバーグを注文しに車を走らせたりするらしい。
飾り線上

凍えそうな仏滅の明け方は立ちっぱなしで

飾り線下
家の前でハンモックに寝そべり、気持ちの良いそよ風に身を浸していた、休日の夕暮れの事。
空には飛行機雲が一筋走っていた。少年は、我が家のネコが「ギャニャァッ!」と吠える声に驚いて、ハンモックから逆さまに落下してしまった。
よく観察するとうちのネコは蛇に向かって、歯をむき出して吠えながら威圧していた。
蛇はそんなには大きくなくて、毒も持っていないっぽかったので、少年はほうきを振って追っ払い、猫を抱っこして再度ハンモックに寝そべった。少年は、ネコのおでこをなでてやりながらお腹の上で寝かしつけ、気持ち良さそうに前足をしまう猫を見て微笑んだ。

凍えそうな祝日の早朝は友人と
私は以前から、素肌がそれほど強くなく、ちょっとしたことでかぶれる。
そして、ボディーシャワーの体にこびりつく感じが好ましくない。
けれど、真冬は非常に乾燥するので、添加物の少ないローションを愛用している。
これらの製品の驚くべき点は、料金が凄く高く、なかなか買えないところだ。

小さい飾り線上

コンテンツ

小さい飾り線下

コンテンツ


Copyright (C) 2015 カレーを食べるとは言わない先生 All Rights Reserved.
レトロ飾り