飾り線上

気どりながらお喋りする彼女と僕

飾り線下
いつも、できるだけ無地のファッションが好きな私は、周りにビックリされるけど。
タイツやコスメや時計まで揃っていて、全部使用したいと考えれば節約生活になりそうだ。
それでも、着道楽は魅力的だ。

気持ち良さそうに話す兄さんと突風
出張業務に出かけると、1週間近く帰ってこれないこともある。
凄く、充実感はあるけれど、すごく緊張しているので、3時間睡眠。
起床予定時間の相当前には、眠いのに目が覚める。
その代り、終わった時の達成感は気に入っている。
思う存分遊んでしまうし、眠るし、食べる。
飾り線上

気分良く吠える友人と夕焼け

飾り線下
今日この頃、横腹の脂肪をなんとかしないとと考え毎晩、筋トレを頑張っている。
娘を自分のお腹にのせて数を声を出し数えながら腹筋を行っていたら、わが子との遊びにもなるし、しゃべりだしの子供も数字を学ぶし、私の脂肪も減るし、一石二鳥だと思っていたけれど、始めは、楽しんでいたわが子もすぐにあきてしまった。

のめり込んで踊る母さんとファミレス
昔、入社して多くの仲間に囲まれて仕事をしていた。
だけど、何年かすると、大勢で一緒に何かするというのに向いていないと実感した。
働く時間が長い上に、チームで進めていくので、仕方のない事だが、噂話が多数。
それを楽しめれば世渡り上手になれるのかもしれない。
何を聞いても、別にいいじゃんとしか思えない運命なのだ。
厄介なことに、作業が遅い人に合わせるという辛抱ができない、早い人についていけない。
そもそも努力が足りない!と思うだろうが、家族にはそういう運命だと言われた。
飾り線上

夢中で走る友達と濡れたTシャツ

飾り線下
随分前、短大を出てすぐの時、友達と3人で韓国のソウルに旅に行った。
未経験の韓国旅行で、ホテルに1泊2日の宿泊だった。
メインストリートをたくさん見て、はしゃいでいたけれど、それから道に迷ってしまった。
日本語は、全然理解されないし、英語も少しも通じなかった。
そしたら、韓国のサラリーマンが素晴らしい日本語で道を教えてくれた。
何年か福岡に留学して日本語の習得をしたとのこと。
おかげで、また、順調な韓国見物を続けることが可能になった。
最終日、駅で道を説明してくれたその人に偶然出くわした。
「来てくれてありがとう」と言ってくれたので、私たちはこの国が印象的な国になった。
いつも長期休暇には韓国観光が計画されている。

雲の無い仏滅の明け方に友人と
娘の2歳の誕生日が近くて、誕生日プレゼントをどんなものにするかを迷っている。
嫁と話し合って、体で遊ぶおもちゃか頭を使うものか洋服などにするかを決めようとしている。
迷ってなかなか決まらないので、実物を見に行って選ぶことにしたけど、がつんとくるものがなかった。
けど、子供に見せてみたら、すぐに決まった。
すべり台に一生懸命だったから、それに決めた。
ただ、部屋が窮屈なので、場所をとらない折りたたみ可能なものに決めた。
値段もわりとリーズナブルだったので、助かった。
飾り線上

気どりながら自転車をこぐ先生とあられ雲

飾り線下
出社のために何着か少しだけスーツに似合うYシャツを購入しているけれど、大体チョイスするときに多く着てみる。
これくらい、シャツにこだわってしまうのも珍しいかと思った。
そんな時に、今日、ワイシャツはオーダーメイドしてもらうと、こだわっていた方がいらっしゃったので、非常に驚いた。
けれど、シャツ一枚できまって見えるし、悪くないかも、と思った。

喜んで歌う姉ちゃんと読みかけの本
暑い日に、京都や奈良に出張に出かけた。
ここは、かなり暑い!
薄いカットソーの上から、スーツのジャケット。
汗だくになりすぎて、スーツのジャケットは凄い事に。
ホテルにまで入って、ジャケットをボディーソープで洗った。
次の日着るとジャケットはイチゴの匂いが続いた。
上着が痛むのではないかと気になったけれど、何が何でも洗わなきゃいけない思っていた。
飾り線上

雪の降る祝日の深夜はこっそりと

飾り線下
OLとして就いていた時の大好きな先輩は、社長令嬢で、これぞお嬢様だった。
痩せてて可愛らしくてテンションが高い、動物を愛する先輩。
動物愛護サークルなど設立して、そこそこ活躍を行っているようだった。
毛皮反対、ヴィーガン、動物実験取りやめ賛成。
少し前に、ご実家にお邪魔したことがあった。
都心にある背の高いマンションで、東京タワーが見えていた。
その先輩、手入れの行き届いたきれいなシャムと一緒に住んでいた。

泣きながら走る兄弟と履きつぶした靴
ネットニュースを見るけれど、新聞を読むのもけっこう好きだった。
現在は、0円で見れるインターネットニュースがたくさんあるから、新聞はもったいなくて買わなくなってしまった。
ただ、読み慣れていたからか、新聞のほうが少しの時間でたくさんの内容を得ることができていたけれど、インターネットニュースのほうがつながりのあるニュースをおっていくことが出来るので、深い内容まで調べやすい点はある。
一般的な情報から関連した深いところを見つけていきやすいけれど、一般受けしなさそうな情報も新聞はちょっとした場所に小さくても記載しているので目に入るけれど、ネットの場合自分でそこまでいかなければ目につかない。
近頃では、米国のデフォルトになってしまうかもという話がとても気になる。
なるわけないと思っていても、もしデフォルトになったら、どの国もきっと影響を受けるし、そうなれば、自分の収入にも関係してくるだろうから気になってしまう。

小さい飾り線上

コンテンツ

小さい飾り線下

コンテンツ


Copyright (C) 2015 カレーを食べるとは言わない先生 All Rights Reserved.
レトロ飾り